巫-kannagi- 霊能者かんなぎのよろず相談処

【ご相談事例】一年半もの間、並走し続けたお客様が、継続してきた鑑定を卒業した話。

Pocket

一年半もの間、並走し続けたお客様が、継続してきた鑑定を卒業した話。

 

 

この瞬間は、いつも嬉しくてたまらない。

私を、よろず相談処を卒業してくれるお客様が、とても眩しくてたまらない。

 

 

 

最初は、単発での鑑定のご依頼からだった。

 

 

初回の鑑定を終えたものの、この方は鑑定ジプシーになってしまうのでは、と、とても不安になった。

怒り・悲しみ、消化しきれない沢山の様々な感情を抱えたまま、どれだけの時間を過ごすのだろうと思うと、

この人のこの感情を受け止めたところで、一時凌ぎでしかないような、そんな無力感もあった。

 

 

単純に言えば、望んだ答えは言わなかったので、もう来ないだろうな、と思っていたのだ。

 

 

私は当て屋になるつもりもなければ、誰かになにかを強制する事もしたくない。

それに加えて、嘘を言う事もしたくはない。

気持ちに寄り添えないのであれば、私は不要だろう、と常々思っているし、

そういう意味では、祓い等を除けば、「霊能者」」という言葉は似合わない存在だと思っている。

なので、多分その方の期待には応えていない、そう思っていた。

 

 

しかし、この方は再度、ここに来てくださった。

しかも結構な頻度で。

 

 

まだサイトリニューアル前だったのもあり、メニューをどうしようか、という時期でもあったので、

実は隠れサブスクリプションのお客様としては、この方が第一号になる。

毎回毎回、正規料金を頂くよりも、サブスクリプションとして定期的にお話をする方が良いなと思い、

この方のために始めたメニューとも言える。

 

 

今どのような状態なのか?

未来はどうなるのか?

今の自分の感情はどこにあるのだろうか?

そんな話を、ずっとしていた。

 

 

最初のうちは、怒り・悲しみ、消化しきれない沢山の様々な感情、

ただひたすらにそれだけだった。

それに囚われる事によって起こる、現実的問題も含め、

その感情は一旦は増幅していった。

増幅しながらも、それを変えたいともがいていた頃が、

きっと一番苦しい時期だったと思う。

でも、私の前でそれを抑え込む必要なんてない。

一旦は、吐き出さないと人は次へ進むのに時間がかかってしまうもんだ。

 

 

 

・・その方が初めて私の前で笑ってくれるまで三ヶ月、いやもっとだったかもしれない。

 

「初めて笑ってくださいましたね」というと、

「私はそんなにいつも怒っていましたか?」と、また笑った。

 

 

それからというもの、日を追うごとに、その感情は変化していった。

そうしてある日、その方は言った。

 

「怒り、悲しみはまだあるけれども、相手の幸せを願いたい」

 

いやね、仏かと思ったよ。

なかなか、ここまでの感情に心から到達することは難しいと思う。

 

本来美しい透明な魂が、黒に染まっていた段階から、脱却を始めた瞬間だった。

尊い瞬間を見せてくれてありがとう。

 

 

 

それから、その方はある神社に時間を作っては参拝し、

自分と、相手の幸せを願い続けるようになった。

「それでも、祈りながら苦しい時もある」そう言いながらも、

それをやめる事はしなかった。

 

ある意味、とても苦しい修行だったと思う。

それでも、「本当は相手の幸せを願いたくないと思う時もある」と言いながらも、

「でもそれは、自分にとっても良くないから」と、

「苦しい時ほど幸せを願うようにしている」と、

ずっとずっと、感情が行ったり来たりしながらも、その方はそれを続けた。

 

何度も、途中で怒り・悲しみ、消化しきれない沢山の様々な感情が湧き上がり、

振り出しに戻りかけた事もあった。

でも、その気持を整理しに、ぶつけに、その方はずっとここに来てくれた。

 

 

 

そうして、そこからまた暫く過ぎた頃に、

徐々に不思議な展開が起こり始めた。

 

 

その方が、もっと身近で助けたいと願った人たちが、

ウルトラCな出来事で助かる、という事が頻発し始めた。

 

例えば、「仕事を辞めたい、でも応じてもらえない」と相談してきた人がいて、

その人の為に「良い方向に行きますように」と必死に願うと、

その人がのっぴきならぬ事情が出来て、どうやっても仕事を辞めるしかなくなる、とか

そんな事が一度ではなく、本当に何度も起こった。

 

 

「ウルトラCが続くんですけど、私がすごいんじゃなくて神様すごいなって」

「いや、すごいっていうか強引すぎて」

 

そう言ってその方は笑った。

毎回、新たなウルトラC話を聞いて、二人でゲラゲラ笑った。

 

 

そんな事があったもんだから、その方も、

「無意味な祈りではないのかもしれない」という気持ちを持つようになった。

そうなると人は強いものだ。

 

 

 

最終的にその方は、「いつか行けたら」と思っていた場所での仕事が決まった。

「いつかできたら」と思っていた大きな夢も叶った。

 

 

 

「怒り・悲しみ、消化しきれない沢山の様々な感情はまだ完全には消えませんが」

 

「私は、これからも相手の幸せを願い続けます」

 

「でも、これからは自分の人生を優先させたいなって」

 

「だから、もう大丈夫です。いえ、ずっと大丈夫かはわかりませんが、一旦卒業します」

 

 

 

晴れ晴れとした顔と、本来の美しい透明な魂と。

自分を取り戻したのだからもう大丈夫だろう、と私も安堵した。

 

 

これからの未来は今までよりずっと輝かしいものとなる。

私の事を、ここの事を忘れてくれるぐらい幸せであり続けられてくれれば、それが一番だ。

 

 

この瞬間は、いつも嬉しくてたまらない。

私を、よろず相談処を卒業してくれるお客様が、とても眩しくてたまらない。

 

 

 

 

※この記事は、お客様の許可を得て掲載をしております。

この記事を書いた人

巫-kannagi-

【 代々続く霊能者家系の鑑定師 / メンタルアドバイザー】

ユタと稲荷双方の家系の混血であり、少々特殊な霊能者です。霊的相談、憑依鑑定、霊視鑑定、除霊、お祓い、オンライン鑑定と、多岐に渡って鑑定を行っております。
国内だけではなく、海外からも依頼を請ける霊能者でもあり、メンターでもあり、すでに9000人を超える鑑定実績があります。
ブログでは辛口で誤解されがちですが、鑑定では「見た目と違った」「腑に落ちた」「癒やされた」「楽しかった」とのお声をいただいております。沢山の鑑定迷子や、パワーストーン迷子の方の助けになればと思い活動しております。
「ただ、事象をお伝えするだけではなく、問題の解決に導く事」
見えない世界を現実離れしたものとせず、現実的視点を大事にし、実生活に落とし込む事を目標とさせていただいております。
活動理念は【霊能者をもっとラフにカジュアルに】

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

あなたのお悩みをお聞かせください

ご予約はこちら ご予約はこちら arrow_right
PAGE TOP