巫-kannagi- 霊能者かんなぎのよろず相談処

【福岡県宗像市大島】大島の鳥居の形は不思議な形【解決】

Pocket

【福岡県宗像市大島】大島の鳥居の形は不思議な形【解決】

 

知人から写真が送られてきた。

 

「大島に行ったんだが、鳥居の形がみたことない形」

 

 

 

 

確かに、漢数字の「一」みたいだ。

かっこいい。

 

でも、この鳥居の形は見たことがない。

そうして、調べても出てこない。

 

 

 

 

島の何箇所かが同じ形の鳥居だという事で、

意味があるだろうと思ってもう少し調べてみた。

 

 

結果、宗像市役所のFacebookに行き当たった。

 

 

 

 

宗像市役所公式Facebookより

 
【大島の鳥居に隠された謎とは?】
大島の島内あちこちで見かける鳥居はとても芸術的。
笠木の先が曲線を描くように上がっています。
なんでもこの右上がりの芸術的な鳥居は、地元の漁師さんが手がけたものだそうです。
この鳥居を作り始めた理由は、漁の最中に2度命を失いかけたことがあり、神様に恩返しがしたいという思いから。
そして気になるのは、なぜ鳥居が右上がりなのか?
この理由は単純明快
「なんとなくそげんしたらヨカかなあて。ははは」
と海の男らしくとてもシンプルなものでした。
大島に行った際には、ぜひ鳥居に注目してみてください。
ちなみに、宗像大社の平成ノ大造営のロゴマークの鳥居は先端が右上がりです。
まちかどリポーター立花
 
 
 
 
えええ、漁師さんの作品だったの!?
 
 
右肩上がりか、なるほど・・・。
 
 
 
織姫と牽牛で逆向きだったり、何かこう、意味があると思って調べていたのだが、あっさり解決してしまった。
 
 
 
 
今回は、引っ張る内容ではないので、短い記事だが、大島の鳥居について調べて居る人の参考になれば。
そう思い、ざっくりと書かせていただいた。
 

この記事を書いた人

巫-kannagi-

【 代々続く霊能者家系の鑑定師 / メンタルアドバイザー】

ユタと稲荷双方の家系の混血であり、少々特殊な霊能者です。霊的相談、憑依鑑定、霊視鑑定、除霊、お祓い、オンライン鑑定と、多岐に渡って鑑定を行っております。
国内だけではなく、海外からも依頼を請ける霊能者でもあり、メンターでもあり、すでに9000人を超える鑑定実績があります。
ブログでは辛口で誤解されがちですが、鑑定では「見た目と違った」「腑に落ちた」「癒やされた」「楽しかった」とのお声をいただいております。沢山の鑑定迷子や、パワーストーン迷子の方の助けになればと思い活動しております。
「ただ、事象をお伝えするだけではなく、問題の解決に導く事」
見えない世界を現実離れしたものとせず、現実的視点を大事にし、実生活に落とし込む事を目標とさせていただいております。
活動理念は【霊能者をもっとラフにカジュアルに】

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

あなたのお悩みをお聞かせください

ご予約はこちら ご予約はこちら arrow_right
PAGE TOP