巫-kannagi- 霊能者かんなぎのよろず相談処

霊能者も幽霊が怖い!らしい。【霊能者が見るセカイ】

Pocket

ゴリゴリの霊能者の知人

 

ゴリゴリの霊能者と夜、電話で話していた。

内容が内容だったものだから、家人に配慮したのか、その相手は外に出て話していたようだ。

話の内容は忘れたが、大体この人と話すのは能力者としての話しかないので、まあ、近況の報告でもしていたのだろう。

 

私もその人も、能力者面においては「怖いモノ知らず」な面において同類だと、私はずっと思っていた。

 

が、しかし、大体一時間ぐらい話した頃だったろうか。

 

「ひっ・・・!」

 

その人が静かに悲鳴を上げた。

 

すわ(見えないモノからの)攻撃か、と身構え、どうした、何があった、と問いかけてみた。

 

するとその人は小声で話し出した。

 

「・・・・おじいちゃんがいる・・・・」

 

「ん?おじいちゃんですか?何か問題でも」

 

「・・・・生きてるか、分からない・・・」

 

「そうですか」

 

 

ゴリゴリの霊能者の意外な一言

 

 

「・・・・怖い・・・・」

 

「えっ」

 

「・・・・エレベーターの後ろの方から現れて、エレベーターの前に立ってる、怖い・・・・」

 

「確認してきたらどうですか?生きてるか幽霊か」

 

「・・・・いや、怖いし・・・・」

 

 

冗談かと思ったら本気だったようだ

 

なんの冗談だよ、と思ったので、私は特に気にもとめずに

「はあ?アナタ、ゴリゴリの霊能者ですよね?何ふざけた事言ってるんですかw冗談やめてくださいよw」

と笑いながら返答した。

 

 

「・・・・まだ動かない・・・・」

・・・まさか、本気で言ってるのか、この人。

 

 

「いやいやいや、お弟子さんまでついている人が何言ってるんですか!とっとと行って確認してきてくださいよ!!!!」

 

「・・・・ムリムリムリムリ!絶対無理!!!・・・・」

 

「はあ・・・お弟子さんが聞いたら呆れて泣くでしょうねえ、幽霊に怯えてるなんて・・・」

 

「・・・・幽霊は僕の管轄外です!怖いじゃないですか!・・・・」

 

冗談かと思ったら、本気で「幽霊かも」と怯えている。なんなんだ。

しかも「幽霊が見えて~」とか言っちゃう霊能者もどきではなくて、ガチの霊能者なのに。

 

 

「・・・・生きている人だったみたい。エレベーターに乗ってった。良かった・・・・」

どうやらただの住民の方だったようだ。

 

 

どうにも取り繕う事もできず、心の声がダダ漏れた。

「マジ情けないっすね」

 

私の冷たい声に凹んだのか、「もう帰ります・・・」と電話を切られてしまった。

 

まったく、あちこちで長年神事をとりおこなってきたような人が、幽霊如きであんなに大騒ぎするか。いや生きている人だったんだけれども。

 

いや・・・同類だと思っていたが、「怖いモノ知らず」ランクは私の方が上だったな・・・。私はニヤニヤしながら煙草に火を点けた。

この記事を書いた人

巫-kannagi-

【 代々続く霊能者家系の鑑定師 / メンタルアドバイザー】

ユタと稲荷双方の家系の混血であり、少々特殊な霊能者です。霊的相談、憑依鑑定、霊視鑑定、除霊、お祓い、オンライン鑑定と、多岐に渡って鑑定を行っております。
国内だけではなく、海外からも依頼を請ける霊能者でもあり、メンターでもあり、すでに9000人を超える鑑定実績があります。
ブログでは辛口で誤解されがちですが、鑑定では「見た目と違った」「腑に落ちた」「癒やされた」「楽しかった」とのお声をいただいております。沢山の鑑定迷子や、パワーストーン迷子の方の助けになればと思い活動しております。
「ただ、事象をお伝えするだけではなく、問題の解決に導く事」
見えない世界を現実離れしたものとせず、現実的視点を大事にし、実生活に落とし込む事を目標とさせていただいております。
活動理念は【霊能者をもっとラフにカジュアルに】

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

あなたのお悩みをお聞かせください

ご予約はこちら ご予約はこちら arrow_right
PAGE TOP