巫-kannagi- 霊能者かんなぎのよろず相談処

【霊視鑑定ご相談事例】霊界三河屋業務。あの世からのご要望を承っております。「松花堂弁当」

Pocket

霊界三河屋業務

 

うちにはよく亡くなられた方が来る。

何かしらの要望があって来るので、この事を私は「霊界三河屋業務」と呼んでいる。

 

ちなみにこの三河屋に来る皆様は玄関からは来ない。何故かベランダからやってくる。

うちのベランダは、霊界においての勝手口なのか。

 

「すみませんが」

 

今日も勝手口から来客だ。

 

 

今回は関東に住む男性のお母様が来訪

 

今度のお客様は、関東に住む男性のお母様。

 

「松花堂弁当のような華やかなお弁当をお願いしたいのです」

 

そのまま男性に伝えてみた。「松花堂弁当??」というリアクションだったので、一度ご検討を、と電話を切った。

 

それから数日して、その男性の奥様から連絡があった。

 

「あれからあの人、よくよく考えて思い出したみたい。そういやお袋は、〇〇の懐石料理とか、彩りの綺麗な食事が好きだったなあ、と言っていました」

 

「そうですか、思い出して頂けて良かったです。」

 

「是非、お供えをして喜んで頂きたいのですが・・・それが・・・その・・・」

 

「何か問題でもありましたか?」

 

「一万円ぐらいするので、少々躊躇われます・・・」

 

「たっか!」

 

聞くと、そのお母様、日本橋にあったとある老舗のお店のお嬢様で、それはとてもお嬢様育ちで、まあ、なんというか、良いものを沢山知っているそうで。

なので好きだったお店もまあ、なんというか高級なお店だそうだ。

 

「そ、そこまでしなくても、彩りの綺麗なお弁当で良いのではないでしょうか・・・」

 

お供えもの、しかも食べ物。お下がりでいただくとしても、それでも贅沢品。

裕福なご家庭であれば是非にと言う所だが、一般のご家庭ではちょっとそれは高い。

 

「ま、幕の内弁当にしましょ、幕の内弁当の中で彩りの綺麗なお弁当を探しましょう」

 

「それでも喜んでいただけるならその方が有難いです・・・」

 

私はすぐに東京へ飛んだ。きっとあれこれと迷ってしまうだろう。

私が行けば、スムーズにこれで大丈夫と太鼓判を押す事が出来る。

 

少々お節介かと思ったが、これは私に出来る唯一の事だと思った。

 

そうして、色々と一緒に見て、お母様的にもお財布的にもこれならば、というものが見つかったので、お供えものは決定した。

 

あとは私の出る幕ではない。「あとはご家族で」と告げて、せっかくなので東京の下町にて神社探索をしてから帰る事にした。

 

 

そうして、次のリクエストが届いた

 

後日、お母様が再度現れた。

 

「あの時はありがとうございました。」

 

「いえいえ」

 

「ところで・・・次は寿桃包(桃饅頭)が良いとお伝えください」

 

和食の次は中華か・・・グルメなお母様だったんだね。

私は次のリクエストを男性にお伝えすべく、携帯を手に取った。

 

 

来訪者はいつも突然だ。

 

その時の私は、誰も居ないのを良い事に、作業デスクの上に足を投げ出して紫煙をくゆらせて居た。

いや、大体がそういう人様に見られたくない状態の時にやってくる。

 

彼らは私の恰好は目に入らないのか、違う所を見ているのか、その状態でもお構いなしなようで、そこについて突っ込まれた事はない。

 

 

私にとって日常の一つである三河屋業務。

家に人を上げる事が大嫌いな私だが、これについてはどうやら別の話のようだ。

この記事を書いた人

巫-kannagi-

【 代々続く霊能者家系の鑑定師 / メンタルアドバイザー】

ユタと稲荷双方の家系の混血であり、少々特殊な霊能者です。霊的相談、憑依鑑定、霊視鑑定、除霊、お祓い、オンライン鑑定と、多岐に渡って鑑定を行っております。
国内だけではなく、海外からも依頼を請ける霊能者でもあり、メンターでもあり、すでに9000人を超える鑑定実績があります。
ブログでは辛口で誤解されがちですが、鑑定では「見た目と違った」「腑に落ちた」「癒やされた」「楽しかった」とのお声をいただいております。沢山の鑑定迷子や、パワーストーン迷子の方の助けになればと思い活動しております。
「ただ、事象をお伝えするだけではなく、問題の解決に導く事」
見えない世界を現実離れしたものとせず、現実的視点を大事にし、実生活に落とし込む事を目標とさせていただいております。
活動理念は【霊能者をもっとラフにカジュアルに】

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

あなたのお悩みをお聞かせください

ご予約はこちら ご予約はこちら arrow_right
PAGE TOP