巫-kannagi- 霊能者かんなぎのよろず相談処

連載「霊能者かんなぎの人生」vol.5 霊能家系に生まれても、異端である

Pocket

連載「霊能者かんなぎの人生」vol.5 霊能家系に生まれても、異端である

 

なんとなく、人生を書き綴ろうと思った事に対した理由はない。

ただ、同じような思いをしている人がいるならば、そういう人に届けば良い、そう思った。

 

【注意喚起】

※今回は幼児性愛者・変質者等による虐待または未遂を含む内容です。ご自身の心の危険を感じる方はこの先に進まないでください※

 

 

 

私は、子供の頃はよく、いわゆる幼児性愛者のターゲットになっていた。

あれってなんなんだろうね。

「親に言えなさそう」

「家庭環境に問題がありそう」

「孤独そう」

何かそんなものを嗅ぎ分けるセンサーでもあるんだろうか。

人気のないところに連れて行かれ写真を撮られたり、

お菓子で釣ろうとされたり、突然雑木林のようなところにひっぱりこまれるなんてザラだった。

 

 

 

ある人は友達になってくれる良いお兄さんとして近寄ってきた。

実際、歌のお兄さんにいそうな健康的な風貌だったのもあり、

子どもたちにも人気があった。

いつもジャージを着ていて、それがまた歌のお兄さんに見えたのかもしれない。

それに実際のところ、子どもたちと良く遊んでくれて、

とても楽しい遊びを教えてくれたり、

子どもたちの喧嘩の仲裁にも入り、

いつも爽やかな笑顔で、子どもたちもお兄さんがいるとばあっと笑顔になったものだった。

一人でいても、そのお兄さんが来れば、退屈せず過ごす事ができ、

もれなく私も、そのお兄さんが大好きだった。

 

 

 

しかし、大人から見ればそうではなかったんだと、今なら分かる。

ある日、子どもたちの中の一人のお母さんがやってきて、

「あなた、この子達と遊ぶのはやめてもらえませんか」と、強い口調で言っていた。

それをたまたま聞いてしまった私は、まだ理解が及ばず、

「遊んでくれるお兄さんに酷い事を言うなあ」と思っていた。

 

しかしその日を境に、女の子たちの中で、あからさまにお兄さんを避ける子が出てきた。

いわゆるママ友ネットワークで話がまわり、注意されたんだろうね。

母は、そのママ友ネットワークの中には居なかったから、私は注意をされる事はなかったし、

だから尚更、「酷いなあ」という気持ちしか持たないままだった。

 

 

もしかしたら、そのお兄さんはそういった事で有名な人だったのかもしれない。

多分、お兄さんも時間がないと焦ったんだろう。

私を、「景色のきれいなビルの屋上があるから一緒に行ってみない?」と

いつもの笑顔で誘ってきた。

 

ビルの屋上の景色、というだけで、とても心がときめいた私は、

お兄さんについて行く事にしたんだ。

「そこの屋上はね、人が入ってはいけないところだから、秘密だよ」

子どもなんて秘密はワクワクの要素でしかない。

私は尚更、ワクワクをつのらせた。

 

 

そのビルでエレベーターを待っていたら、

開いた扉の中から私を知っているらしき大人が出てきた。

「あら、どうしたの?」

秘密だと言われている私は、答える事ができなかった。

このビルの屋上に行くと言ってはダメだから。

 

そうするとそのお兄さんが、

「父です、初めまして。娘と知り合いを訪ねに来ました」とさらっと答えた。

「あら、お父様だったのですね、こちらこそ初めまして」

大人同士の挨拶を交わして、エレベーターに乗る事が出来た。

 

「危なかったね」笑顔のお兄さんはそう言った。

私も笑顔で頷いた。

 

屋上にはフェンスがしてあり、それを登って乗り越えないと入れないようになっていた。

「立入禁止」の大きな看板が、秘密のエリアに入れるワクワクをまた募らせた。

そのフェンスをお兄さんは私を抱えあげて、上手に乗り越えさせてくれて、

お兄さんは軽々とそのフェンスを越えてきた。

 

「さあ、ここが秘密の場所だよ」

遠くまで見渡せる風景はデパートの屋上にもあったので、特別に珍しいものではなかったが、

それでも、見たことのない新たな景色を見れるという事は、私にとってはとても嬉しい事だった。

ちょっと強めの風もまた、とても心地よいものだった。

何より、誰も知らない秘密の場所というものが、

まるで自分だけが特別扱いされたかのような、子ども故の優越感のようなものを満たしていた。

 

 

お兄さんは、笑顔で私を抱っこして、そうして言った。

「秘密の場所での事は、全部、秘密」

なんとなく本能が、いつもと違う笑顔のお兄さんに恐怖を感じたが手遅れだった。

いつも頭を撫でてくれていたその手が、いつもと違う質感に感じられた。

「かわいいね」「おりこうだね」という言葉も、いつもと違う質感に感じられた。

それからのお兄さんの顔は黒塗りにしか記憶されておらず、

ただただ、この時間が早く終わればいい、そう思いながら固まっているしかなかった。

 

 

そうして、どれぐらいの時間が経ったかは分からない。

さっきエレベーターで会った大人が、「やめなさい!」と叫んでいた。

今思えば、その人も女の人だ。

疑わしいと思ったとして、どれだけの勇気を振り絞って屋上に来てくれたのだろう。

私は、もう誰だか分からないその大人に、今これを書きながらとても感謝をしている。

 

そうして、お兄さんは誰かに連れて行かれ、その時に私を見て、

「残念、邪魔がはいっちゃったね」と笑顔で言った。

それきり、そのお兄さんに会うことはなかったし、その頃の私はまだ良くわかっていなかったから、

少々の安堵を抱えながら、お兄さんはどこか遠くに引っ越したんだろう、ぐらいに思っていた。

 

 

 

そうして、その大人に連れられて家に送り届けられた後、

そうだな、親だったら、私だったら、全力で我が子を心配し、間違いなく相手と戦うと思うんだが、

母は、「のこのことついていくなんて、ふしだらな」と怒鳴り散らした。

ふしだらなんて言葉の意味も分からない子どもに対して、だ。

あなたがそんな風だから、付け入られるんだ、と。

そんな風って、どんな風だったんだろう。

服装は至って普通だったし、何がいけなかったんだろう。

でも、とにかく私は「悪い子」だから、こうなったんだろう。

だから、これ以外の事も母に知られてはいけない。

そう思い、その先に色々な事があっても、何よりも母に知られない事を優先した。

 

 

 

 

そんな私の人生を語る事に意味があるのかはわからない。

ただ、自分がもし、異端だと思っている人がいれば、

また、これから先の話を通して、苦しい人生を歩んでいる人に「ひとりじゃない」と思って貰えれば、と思い、

不定期ながら人生を語らせていただこうと思う。

この記事を書いた人

巫-kannagi-

【 代々続く霊能者家系の鑑定師 / メンタルアドバイザー】
●お悩みを解決し、あなたの運気を上げます。あなたに光を。
霊能者は「当て屋」として見られていた時代から、あなたと並走する「メンター」としての役割にシフトしていく時代になったと感じています。
ユタと稲荷双方の家系の混血であり、少々特殊な霊能者です。霊的相談、憑依鑑定、霊視鑑定、除霊、お祓い、オンライン鑑定以外に、メンタルアドバイザーとして、多岐に渡って鑑定を行っております。国内だけではなく、海外からも依頼を請ける霊能者でもあり、メンターでもあり、すでに9000人を超える鑑定実績があります。
ブログでは辛口で誤解されがちですが、鑑定では「見た目と違った」「腑に落ちた」「癒やされた」「楽しかった」とのお声をいただいております。
沢山の鑑定迷子や、パワーストーン迷子の方の助けになればと思い活動しております。「ただ、事象をお伝えするだけではなく、問題の解決に導く事」見えない世界を現実離れしたものとせず、現実的視点を大事にし、実生活に落とし込む事を目標とさせていただいております。
活動理念は【霊能者をもっとラフにカジュアルに】

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

あなたのお悩みをお聞かせください

ご予約はこちら ご予約はこちら arrow_right
PAGE TOP