巫-kannagi- 霊能者かんなぎのよろず相談処

必要な情報は降ってくる。それを素通りさせるか受け取るかは自分次第。

Pocket

私は、常日頃からPCの電源を落とさないし、暇があればスマホでネットニュースを見ているし、

なんならTVも24時間つけっぱなしにしている。

完全なる電気の無駄遣い。デンコちゃんに後頭部をぶん殴られるレベルだ。

 

しかし、これには理由がある。

「アンテナを張り巡らせておく」という理由が。

 

自分に必要な情報を、上の方々は色々な形で見せてくる。

しかし、それを受け取る術が少なければ、それは素通りしてしまうかもしれず、それは非常に勿体ない。

ちょっとした文言だったり、道中目に入ったワードだったり、

そういったものから答えや課題を見つけ出す事ができるのだから、

 

どうせなら受け皿は極力大きく持っていた方が良い。当然である。

 

繰り返し色々な方面から入ってくるワード、場所、

そうだな、たった一度であればそれは偶然。

その程度で振り回されていたら、勿論身が持たないし、迷子になるだけなのでお勧めは致しかねる。

しかし、それを何度も見せられるとなれば、それはサインでありそれについて調べる意味は出てくる。

 

 

 

ある時私は、イザナミについて調べていた事があった。

イザナミを調べると言っても、少々マニアックな角度から調べていたので、

これはもう長期戦であると最初から思っていて、「調べている事リスト」に記載をし、一旦置いておくつもりでいた。

 

そうしてある日、私は色々と雑務をして深夜になってしまい、仮眠を取るか、とソファで横になっていた。

もちろんTVはつけっぱなしだ。しかし音声はそこそこ小さくしていたし、チャンネルも適当で気にもしていなかった。

 

そうして何となく深い眠りに落ちて少しして、何故か私は飛び起きた。

何故「飛び起きた」のか理由が分からず、「もしかしたら小さい地震でもあったのか」等と飛び起きた理由を探していた。

 

そうするとTVで、何やらオカルトな番組が始まった。

それはまるで昭和の頃にあったような、とんでもなく古いタイトル文字と内容で、

昔こんなオカルト番組って無数にあったよな・・・とぼんやりと思い、もう一度仮眠の続きをしようと思いながら画面を眺めていた。

 

それにしてもまるでネッシー特集のような古臭さ、水曜スペシャルのような古臭いタイトル文字。

一体これはなんの番組なのか、昔の番組の再放送なのか。

 

そう思ってぼーっと画面を眺めていたら、その内容が思いも寄らない方向に転換した。

番組はそのタイトルから大きく内容を逸らし、着地点として私が探していたものを見せてくれた。

 

「ああ、この為に叩き起こされたのか」

 

これが100%の正解かは分からないが、正解へのルートを示してもらえたのは、

やはり情報が降ってくる機会を多く設定していたからだと思う。

私は一つ何かが前に進んだ安堵感を持って、しかし受け取っただけでダラダラしていては意味がないので翌日にはその場を訪れていた。

 

まずは情報を素通りさせない事、受け取る事、その次にやる事はその情報が必要かの取捨選択と精査。

 

ただ受け取ってすべて正解だと思わない「疑う心」も大事だ。

闇雲にすべてを正解だと受け取り、妄信的に信じる事、惑わされる事は、それはそれでとても危険だし、

 

それは自分の人生を「他人任せ」にしている事と同じだ。

 

 

上はいつも親切で不親切だ。

だからこそ私はこれからもアンテナを張り巡らせておく事をやめないだろう。

 

 

この記事を書いた人

巫-kannagi-

【 代々続く霊能者家系の鑑定師 / メンタルアドバイザー】

ユタと稲荷双方の家系の混血であり、少々特殊な霊能者です。霊的相談、憑依鑑定、霊視鑑定、除霊、お祓い、オンライン鑑定と、多岐に渡って鑑定を行っております。
国内だけではなく、海外からも依頼を請ける霊能者でもあり、メンターでもあり、すでに9000人を超える鑑定実績があります。
ブログでは辛口で誤解されがちですが、鑑定では「見た目と違った」「腑に落ちた」「癒やされた」「楽しかった」とのお声をいただいております。沢山の鑑定迷子や、パワーストーン迷子の方の助けになればと思い活動しております。
「ただ、事象をお伝えするだけではなく、問題の解決に導く事」
見えない世界を現実離れしたものとせず、現実的視点を大事にし、実生活に落とし込む事を目標とさせていただいております。
活動理念は【霊能者をもっとラフにカジュアルに】

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

あなたのお悩みをお聞かせください

ご予約はこちら ご予約はこちら arrow_right
PAGE TOP