巫-kannagi- 霊能者かんなぎのよろず相談処

見えない世界でも人間界でも、警戒するモノは割と同じ。

Pocket

「お前の願いを叶えてやろう、ワシは神だ」なんて言って神が登場するという、どうやらノンフィクションらしい話を見かけて私は頭痛がしていた。

 

そんな神がいれば、人間は総じて豊かであるし、そもそも選ばれた人間だというアピールなのであれば、なぜそうなったのか。

その経緯の説明は全くなく、とにかく自分は覚醒した、という事らしい。

 

この業界にいるホンモノと言われる人であるならば、それが神ではない事は容易に理解するだろう。

神なんてものは多くを語らない。むしろ殆ど何も語らない。

私だって、入ってくるイメージを何とかして言語化しているが、言語で会話なぞした事がない。

 

 

自分で「神」と名乗り、また、他の神を騙り登場するモノに碌なモノはいない。

なのに、自分に「神」がおりてきた、と喜んでいる人を見ると私は頭痛がするのだ。

 

そもそもそれが「願いを叶えてしんぜよう」と言ったとは。

そんな有難い事なんて一度もない。ああ、うらやましいぜ(棒読み)

 

でもそんないわゆる「神上がりしたモノ」に踊らされる人ってのは結構いるわけで、それはやはり、当人にとっても全くよろしくないわけだ。

神上がりしたいモノというのはとても饒舌で、そして少々力もあったりするんで本人やその依頼者の願望をばんばん叶えてしまったりもするし、事細かに情報を与えてくれるので、霊能者としての名は間違いなく売れると思う。

 

しかし、その本人が手を組んだモノは、対価を求めてくる。

 

 

それは何かと言えば、本人の魂だったり、気だったり、つまり本人を保つのに必ず必要なモノ、である。

 

それなのに「自分は神に選ばれた」と喜んでいる姿を見て、忠告も届かない様を見て、私もさすがにもう、生温かく見守るしかない、となるわけだが。

 

 

実際のところあまり見たくはないものであるが、これは良くある話で。

この世界に居る人間であれば最低でも数回は見ているんじゃないかな。

 

対価を取られた人がどうなるか、どうなったか。

まあ、だいたい同じルートを辿るわけだが。

 

 

 

人間界に置き換えても、異常な程に親切だったり饒舌だったり、やたら言う事が壮大すぎる人って警戒すると思うんだよね。

または、知らずにそういうサイコパス気質の人にうっかりやられた人もいると思うんだ。

 

人間界だって同じ。

そういう人にうっかり乗っかったら対価を要求される。

それもとても大きな対価をね。

痛い目、なんて言葉で済んだらまだマシだろうなっていう様な事を要求されると思う。

 

 

見えない世界は人間界に置き換えたら結構容易に理解できる事も多くて、それを別々に考えるから混乱が起こるんだ。

人は騙されて成長するっていう面はあるとは思う。

でもそれは、できるならば痛い目の範囲で済ませたいよね。

この記事を書いた人

巫-kannagi-

【 代々続く霊能者家系の鑑定師 / メンタルアドバイザー】

ユタと稲荷双方の家系の混血であり、少々特殊な霊能者です。霊的相談、憑依鑑定、霊視鑑定、除霊、お祓い、オンライン鑑定と、多岐に渡って鑑定を行っております。
国内だけではなく、海外からも依頼を請ける霊能者でもあり、メンターでもあり、すでに9000人を超える鑑定実績があります。
ブログでは辛口で誤解されがちですが、鑑定では「見た目と違った」「腑に落ちた」「癒やされた」「楽しかった」とのお声をいただいております。沢山の鑑定迷子や、パワーストーン迷子の方の助けになればと思い活動しております。
「ただ、事象をお伝えするだけではなく、問題の解決に導く事」
見えない世界を現実離れしたものとせず、現実的視点を大事にし、実生活に落とし込む事を目標とさせていただいております。
活動理念は【霊能者をもっとラフにカジュアルに】

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

あなたのお悩みをお聞かせください

ご予約はこちら ご予約はこちら arrow_right
PAGE TOP