巫-kannagi- 霊能者かんなぎのよろず相談処

ほんのちょっと魔が差した行動によって、神社の眷属に転ばされた人【霊能者が見るセカイ】

Pocket

転ばされる理由となった行動

 

ある人と神社へ行った。

 

同行してくれと言われたから同行したまでで、特に理由はなかった。

 

その人は参拝後におもむろに煙草に火をつけ、境内で吸い出した。

実はここまではまだ良い。粗相として神が怒るのはここではないのだ。

境内に喫煙所がある神社もあるし、なんなら煙草が好きな神もいる。

 

しかしその後、その人は何を思ったか歩きながらふとしゃがみ、参道に煙草を擦り付けて、消した。

 

 

すっ飛んできた眷属

 

「あーあ、やっちまった」心の中で呟いた。

 

後ろから神社を守護する眷属が飛び出してくる気配がする。

あーあ、お手柔らかに頼むよ。

 

私は、次に起こる事が予見できたので、「そんな粗相をすると、神にすっ転ばされるぞ」と笑みを浮かべて言った。

 

その次の瞬間、その人は見事にこけた。

何もない平坦な参道で、こけた。

 

本人は呆然としている。

「なんでこけたんだろう」

 

私は笑みを浮かべたまま言った。

「謝って来い」

その人は慌てて本殿へ戻り、平身低頭に謝罪をしていた。

 

私は背を向けて一人爆笑していた。

「お前ら、転ばす程度で済ますとは随分手加減したもんだな」と。

 

 

神のNGラインは神社のルールとは違う

 

その人には「この程度で済んだだけ有難いと思え」と伝えた。

本当にそうだ。足元を引っ掛ける程度のお仕置きで済んで良かったんだよ。

 

それに、怪我をしない程度で済んだのはもっと良かった。

境内で怪我をして血を流す事が実は一番の粗相なのだから。

 

生理の血はさして粗相に当たらない。

境内で新鮮な血を流す事は大変宜しくないのだ。

 

しかしこの方、普段は神社の境内でこんな事をするような方ではないのだが。

寧ろ神社仏閣が好きで、神を敬い、この神社にも仕事前や仕事帰りに足繁く通うような方である。

まさに「魔が差した」のだろう。

 

それを見抜いていたから、あの眷属も手加減したのかもしれない。

神のNGのラインはマニュアルの外にある。彼らもとても人間臭いのだ。

この記事を書いた人

巫-kannagi-

【 代々続く霊能者家系の鑑定師 / メンタルアドバイザー】

ユタと稲荷双方の家系の混血であり、少々特殊な霊能者です。霊的相談、憑依鑑定、霊視鑑定、除霊、お祓い、オンライン鑑定と、多岐に渡って鑑定を行っております。
国内だけではなく、海外からも依頼を請ける霊能者でもあり、メンターでもあり、すでに9000人を超える鑑定実績があります。
ブログでは辛口で誤解されがちですが、鑑定では「見た目と違った」「腑に落ちた」「癒やされた」「楽しかった」とのお声をいただいております。沢山の鑑定迷子や、パワーストーン迷子の方の助けになればと思い活動しております。
「ただ、事象をお伝えするだけではなく、問題の解決に導く事」
見えない世界を現実離れしたものとせず、現実的視点を大事にし、実生活に落とし込む事を目標とさせていただいております。
活動理念は【霊能者をもっとラフにカジュアルに】

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

Pocket

あなたのお悩みをお聞かせください

ご予約はこちら ご予約はこちら arrow_right
PAGE TOP